エエ・マイシャツ

神戸の画壇を代表する古怪の方でいらっしゃる岡田嘉夫先生。
その岡田先生の発案ではじまった『エエ・マイシャツ』コレクションの展示会が、センター街南筋のギャラリー千代で、6月28日まで開催中です。

このプロジェクトは、60歳以上のシニアの男性を中心に、岡田先生の感性によってデザインされたシャツをつくり、それを着て街に出ようというものです。
シャツの製作をご担当されているのは、オーダーシャツ専門店「ウラカミオリジナルシャツ工房」の浦上雅男さんで、その技術たるやまさに神戸が誇る仕立てのわざです。

岡田先生は、往時の洒脱な神戸をとてもよくご存じの方で、「神戸からムサイ男を追い出して、シャレ男を増やしたい」と、このプロジェクトを始められました。いまでは80名ほどの方が、すでに参加されておられます。かく言う私も、参加させていただいております。基本的にこのプロジェクトには60歳以上の方々が参加されているのですが、岡田先生のご厚意で60代にはまだ早い私にも、お声がけいただきました。

岡田先生の目下の目標は、先生のデザインによる個性的なシャツを着たシャレ男を100名にまで増やし、その面々の写真集を出版するとのことで、すでにそのお話も進んでおります。出版記念の暁には、参加者全員100名で神戸の街を練り歩こう、というお話も聞こえてきております。かなり圧巻なイベントになること間違いなしです。

傘寿を過ぎてなお、洒脱で精力的な岡田嘉男先生。その先生のひそみに倣って、もっともっと神戸の装いを盛り上げていこうという気持ちが高まります。IMG_3676

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です